( `_´) σ_σ|| 0⌒ v.⌒) ‐ Δ‐)

( `_´)<SRYの日記です。ご来訪、あ~たぁっす♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

阿修羅城の瞳

「阿修羅城の瞳」映画版&舞台版のDVDツインパックを購入しました。
劇団☆新感線の舞台を映画化ってことで、映画のテレビCMを見た時から興味はあったんですが、映画館へは行けずじまい。
この度DVD化ということで、早速購入してきました。

やっぱ映画版より舞台版をまず先に見た方がいいかなと思って、DVD再生。
劇団☆新感線の舞台、羽野晶紀が在籍していた頃以来、久しぶりに見ましたが、やっぱ面白い。
市川染五郎のコミカルな演技とか新鮮だったし、天海祐希の美しさ&迫力、夏木マリの妖艶さとか魅力がたっぷり。

映画もいいけど、舞台演劇もいいなぁと再認識しました。

次は映画版を鑑賞して、舞台版との違いを見比べてみたいと思います。

スポンサーサイト
  1. 2005/10/30(日) 21:45:25|
  2. CD&DVD
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<10月31日 | ホーム | お買い物バトン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sry1104.blog14.fc2.com/tb.php/137-e72e8d60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

阿修羅城の瞳

阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る――オススメ度 ★★★★☆鬼が人に化け、江戸の町に棲み付き、人を喰らっていた、、、幕府は鬼と人を見分ける能力を持った剣の達人を集め、鬼御門(おにみかど)を組織した、、、そんなとき鬼御門の前
  1. 2005/11/06(日) 08:05:59 |
  2. 映画語るドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。